垂水漁港へ釣行~本命不発~

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Angler Ogiです。

垂水漁港にタチウオと大サバが入ってきていないか、 夕方からお試し釣行に行ってきました。

結果は悪天候も絡み、大惨敗。お時間あります方はお付き合いください。(苦笑)

17時ごろに現地着。小アジは入れ食い!

いつも通り道中のまるは釣り具で餌を買い、17時頃に垂水漁港の中央エリアへ。特に混雑していると言うことも無く、お気に入りのポイントに入りました。

とりあえず、まずはサビキ釣りからスタート・・・したところ、まさかの1投目から小アジが鈴なり!

やはりというか、サイズは田ノ浦淡路島と比べると小さく、マックスで10㎝ほど。

このサイズがほとんど。

開始後5投くらいで15匹確保できたため、泳がせ釣り(のませ釣り)にチェンジ!その間、ジグサビキも試してみることにしました。

が、どちらも全くアタリ無し。時折足元に20cmくらいの太目の魚影が小サバに混じって見えたので、おそらくツバスだと思うのですが・・・。

今の時期の垂水漁港は小アジの魚影がすこぶる濃く、おそらく何時でも沢山釣れると思われます。足場も良く、車はすぐ近くのマリンピアに駐車可能な上、トイレもあるので、ファミリーフィッシングにもオススメ!
スポンサーリンク

途中から急に悪天候に。

そうこうしていると、だんだんと強くなり始める風。

元々この日は大潮という事もあり、ウキは潮の影響でかなり流されますが、風の影響まで受けてしまい悲惨なことに。

しかたなくノマセ釣りの仕掛けを投げ直そうと回収して足元まで来たとき、なんと60cm程のスズキが猛ダッシュで追ってくるではありませんか!!

すぐに仕掛けを馴染ませてみたものの、一目散に逃げていくスズキ。結局ヒットせず終いでした・・・無念。

その後は、ノマセ仕掛けにアタリは無く、サビキ仕掛けはずーっと入れ食い状態。小アジ狙いなら楽しめたのでしょうが、生憎今日は小アジ狙いではありません。

ノマセでこんなのを狙ってました↓

良型のアジでも回遊していないかと、ウキ下をベタ底にしたりもしてみたものの・・・こちらも小アジと小サバが大量に掛かるだけでした。

淡路島では良型のアジが釣れています↓

日没後は大荒れ。そして移動。

日没を迎えたのでノマセ釣りは止め、代わりにキビナゴを付けたウキ釣りに変更です。

サビキ仕掛けでも大サバがヒットする可能性がある為、太めの仕掛けに変えて2本でチャレンジ。

しかし、強風は一向に収まる気配がなく、徐々に波も高くなってきました。水しぶきが風にあおられて大量にかかるようになり、立っているのも少し辛くなってくるほど。

たまーにウキが勢いよく消し込まれたと思ったら、

18cmくらい・・・。

サビキで釣れるものよりも1サイズ大きいだけの小サバばかり (泣) 。非常に厳しい状況です。

波風はかなり強まり、仕掛けを前に飛ばすこともままならなくなってきた頃。気が付くと周りの皆さんはいなくなっており、堤防には私一人・・・。

さすがにこれ以上は危険なので、マリンピア東岸壁側に移動することにしました。

この時の垂水基準の風の強さは、風速8mを超えていたようです。海上は10mを超えていたかも・・・。梅雨時は突然荒天になる事も多いので、皆さまもご注意ください!
比較的穏やかなマリンピア岸壁。

初めは漁港内でケンサキイカを狙い、エギングをしてみたのですが・・・結果は反応無し。

6月には漁港内でケンサキイカを目撃していたのですが、まだ時期的にシーズンには早かったようですね・・・。

さらに、マリンピア堤防先端付近でエギングとワインドをやってみましたが、アタリ等は特になく惨敗。

中央エリアよりも随分風は穏やかだった。

何をやってもダメなので、悔やみつつも22時過ぎに納竿としました。

スポンサーリンク

まとめ

結果的にサビキで小アジと小サバを釣っただけで終わってしまうという、本命不在の寂しい釣行となってしまいました。

やはり釣りにとって強風というのは非常に厄介で、まともな釣りになりませんでしたが、年中釣りをやっているとこういう事もよくあります。(苦笑)

これに懲りることなく気持ちを切り替え、次回釣行時には良い釣果に恵まれるよう、入念に準備しておきたいと思います!!

コメント