姫路・大塩海岸でキスのチョイ投げ釣り

この記事は約6分で読めます。

こんにちは、Angler Ogiです。

9月25日、本来は朝から淡路島にてカワハギを狙う予定だったのですが、生憎の曇り→雨予報。

雨は夕方からの予報だったので、予定を変更して昼過ぎから姫路市の大塩海岸へキス釣りに行ってきました。

結構な数のキスが釣れたものの全てリリースサイズという少々心残りな釣りになったのですが、アタリは非常に多かったので、その様子を書いていきます。

当日の潮汐/(飾磨基準)・・・満潮・05:37/20:20、干潮・02:26/12:08、長潮
スポンサーリンク

大塩海岸には13時半頃到着。

釣り餌ニューハリマでイシゴカイを買おうとしたら、珍しく店が閉まっていたというハプニングはあったものの、まるは釣り具で500円分のイシゴカイを入手。

大塩海岸には無料の駐車場の他、簡易トイレもあるので、比較的利用しやすい釣り場となっています。

駐車場から水門を超えて、少し歩いたところから砂浜に降りると・・・

生憎の曇り。

こんな感じで、砂浜~敷石エリア~突堤~砂浜という変化に富んだ形状となっています。

「キスは足で釣れ」という慣用句(?)があるほどなので、とりあえずは降りてすぐの所からスタートします。

この日のタックル↓

  • 竿・・・エギングロッド(セフィアSS)
  • リール・・・エギングリール(ダイワ・エーギー)
  • ライン・・・PE0.8号+フロロ3号1ヒロ
  • チョイ投げ用テンビン5号+市販のキス釣り仕掛け(2本針)
  • 餌・・・イシゴカイ

風が軽く横に流れるように吹いていますが、幸い周囲に釣り人はいない為、特に気にせずフルキャスト。

どんな釣りにでも愛用のシマノ・セフィアSS803Mを用いたこのタックルでも60~70m近くは飛ばせるため、「チョイ投げ」というより「中投げ(?)」のような状態ですが、とりあえず着底させてからゆっくりと引っ張っていきます。

キスのチョイ投げについてはこちら↓

すると早速1投目から、プルプルッ!という小さなアタリが!そのまま巻き取ってみると・・・

1投目から本命のキスが登場!・・・したのですが、サイズが13㎝程度と小さかったので、撮影だけして素早くリリース。

もう少し良いサイズもいるはずなので、1頭ごとに少しずつ(1~2m程度)横にずれながらキャストしていきますが、

こんな感じでどれも小さいものばかりで、全てリリース。

一応小型キスが掛かりにくいよう針は少し大きめの7号+1号ハリスを使用しているのですが、そんな事はお構いなしとばかりに、30分程で計5匹のピンギスをゲット→リリースする羽目に。

さすがにちょっと場所を変えてみる事にしました。

スポンサーリンク

移動先ではイイダコが。

敷石エリアまで移動してフルキャストし、着底後仕掛けを引っ張ろうとしたところ・・・いきなりヌッ!!という変な感触が。

この感触はもしやと思いつつ回収してみると、

やはり正体はイイダコでした!このエリアはイイダコが多いと昔聞いたことがあったのですが、どうやらその通りの様で、

こちらは良型のイイダコ。

次の1投でもイイダコがヒット!

ですがあくまで本命はキスなので(苦笑)、このエリアを後にしようとしたのですが、ふと敷石の隙間を覗き込むと、イソガニがいっぱいいるではありませんか!

特に持ち帰る気も無かったのですが、ちょっと気になったので仕掛けを落としてみると・・・当然、多くのカニが取り合う様にやってきます!

そのうち一番大きなカニがエサを挟むように調整して・・・

すぐにゲット!!このイソガニ、味噌汁やから揚げにすると美味しいらしいのですが、生憎私はカニ全般が大の苦手。

そのまま海へとリリースし、移動することにしました。

Angler Ogi
Angler Ogi

足場も良くて簡単にカニが釣れるので(ザリガニ釣りと同じでOK)、お子様の磯遊びとして楽しめそうです。

移動してもやっぱりピンギスの嵐。

先ほどのタコエリアからかなり距離を開けて、またキャスト。

ここまで、40~50mラインでアタリが頻発しているので、その辺りをピンポイントで狙ってみると・・・予想通り、仕掛けを引っ張り始めてすぐにアタリが出ます。

ただどのアタリも非常に小さいため、あえてアワセなどを入れずに引っ張り続けるのですが・・・

それでもやはりピンギスがヒット。
というか、ここまでくると「ピンギスしかいないのでは・・・」と不安になってきます。

時には、

このようにピンギスのダブルも。

このエリアがダメなのかもしれないので、思い切って石積み突堤の上まで移動してみる事にしたのですが、さすがに浜から突き出ているせいもあり、かなりの強風です。

それでもとりあえず仕掛けをキャストしてみたところ、足元から10m程のところでキスのアタリが!

時刻は15時、この時点で10匹目。

それでもヒットするのはやはりピンギス。
もうどこで投げてもピンギスしか釣れる気がしません。(苦笑)

さらにとなりの突堤に移動してキャストするも、やはり同サイズが連発。
中にはコツコツッ!という硬質なアタリもありましたが、

勿論リリース。

正体は13㎝ほどのチャリコでした。
釣れる魚全てがスモールサイズといった印象です・・・。

すぐ後に同サイズのピンギス。

この時点で雨もパラつきはじめたのものの、流石にこのままでは終われません。
最後の望みをかけて、次の砂浜エリアへ歩みを進めます。

最後の砂浜でもやっぱりピンギス。

とにかくキープサイズが釣りたい一心で、砂浜からフルキャスト。
すると、着底直後からひっきりなしにアタリが出て、

ピンギスのダブルが連発・・・。(苦笑)
勿論シングルヒットするのもピンギスなので、ここまでくると最早お手上げ状態。

ちょっと角度を変えてキャストしてみたら、

ここにもイイダコ。

またしてもイイダコがヒット。
どうもこのエリア一帯、ピンギスとイイダコが多いポイントのようです。

結局17時前まで歩きながらポイントを探し回り、投点を変えたり、置き竿にしてみたりもしましたが・・・

最後の最後までキープサイズは姿を見せず、リリースサイズのピンギスばかり。
残念ながら17時に納竿としました。

スポンサーリンク

姫路大塩海岸でのキス釣り纏め

結局この日の最終釣果は、13cmまでのピンギスが23匹と、イイダコが3杯という結果に。

どこで投げてもひっきりなしにアタリはあり退屈せずに済んだのですが、いかんせんサイズが小さすぎます。

確かに、姫路界隈では「小型の数釣りが楽しめるポイント」として有名ではありますが、流石にもう少しコマシなサイズもどこかにいるはず。

次に訪れるときには、もう少し良いサイズのキスがヒットすることを期待したいと思います!

昨年春の灘浜でのキス釣りはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました