2019年揖保川アマゴ解禁!

この記事は約3分で読めます。

3年ぶりに、揖保川アマゴ釣りに行ってきました。(^^)解禁初日、3月1日の様子です。

解禁初日、道の駅南波賀裏の様子。

最初のポイント成魚放流場所である、道の駅南波賀裏。この日は例年の解禁日に比べてかなり暖かく(朝9時の時点で現地は7℃)入れ食いを期待したものの、全く反応なし。朝7時ごろから700mほど釣り上がりつつ、この区画で釣っていた何名かの方と情報交換をしましたが、皆様ほとんど釣果は無かったようです・・・。

2016年3月1日の釣果(キープ分)。こんな釣果を期待していた・・・。

気を取り直し、10時頃から別の支流に入って釣り再開。エサはイクラとブドウムシ、現地調達のヒラタ、キンパクを用意しました。

今年は雪が全くない。小型ながらアマゴが連発した小さな沢。

川幅が狭い支流のため、3.8mの竿を使い、2時間ほどかけてじっくり釣り上がって行きます。すると・・・

パーマークが乱れているため、稚魚放流ものか、発眼卵放流個体かと思われる。
こちらは綺麗な天然もの。

小ぶりながら、天然のアマゴが顔を見せてくれました。(^^)ただほんとにサイズが小さく(6cm~12cmくらい)、11匹釣って、まさかのオールリリース・・・。(´Д`;)

お昼休憩をはさみ、また別の支流に移動。14時頃から釣り再開です。過去にイワナを釣ったことのあるポイントなので、期待しながら釣り上がって行くと・・・

ガリッガリながら巨大な尾鰭のイワナ、21.5cm。
2匹目、18cm。
3匹目、16センチ。
4匹目、15cm。どんどんサイズダウン・・・。

4匹のイワナが姿を見せてくれました!(^^)

その反面、このポイントではアマゴが全く釣れず・・・17時頃まで粘り、納竿としました。ところどころに釣り人の痕跡が見受けられたため、ひょっとしたら既に釣り荒れていたのかもしれません。解禁日おそるべし・・・。

この日使用した仕掛け(支流)は、竿3.8-4.3m(Wズームタイプ)、天井糸0.8号1.5mに、水中糸0.25号2.6m。針はハイパー渓流4号に、ガン玉B~4号(2号がメイン)ヒットした餌は全てイクラでした(キンパクでもアタリが数回ありました)。

今後は水温も上がっていき、ここ最近の雨で水量も回復しているはず!次回釣行が楽しみです!!(^▽^)

【今回使用した竿とエサ箱はこちら】↓

ダイワ 渓流 清瀬 硬調 43M・Y (渓流竿)

価格:9,450円
(2019/4/23 18:14時点)

【お買い物マラソン】 ダイワ(グローブライド) クールベイト3 グレー

価格:1,550円
(2019/4/23 18:35時点)

コメント