雨が降らないとやっぱり厳しい/2021年10度目の揖保川アマゴ釣り

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、Angler Ogiです。

6月9日、いつものように通い慣れた揖保川支流へ釣行したのですが、最近全く雨が降っていない影響もあり、大苦戦を強いられてしまいました。

あまり目立ったことはありませんが、忘備録としてサラっと書いていきます。

とにかく雨が降らない今年の梅雨

前回釣行時はほぼ雨が降らない状況下でしたが、今回も前の週の4日にパラっと少し降っただけ。

予想はしていたものの、支流についてみるとかなりの渇水状況

漁協のHPでは、本流はほぼ「平水」との記述もありましたが、こと支流に限って言えば、今年10回目の釣行にして水位は最低レベルです。

水の勢いもかなり弱く感じられ、当然のように濁りはほぼ入っていません。

道中、解禁した鮎を狙う釣り人がおられるのではと思い、川沿いをチラ見しながら車を走らせましたが、鮎釣りをしておられる方はまさかのゼロ!

鮎釣りに関しては知識がゼロなのでなんとも言えませんが、この感じなら、普段鮎釣りに行かれる方もアマゴ狙いになっていて、よりスレてしまっているのではと警戒せざるを得ません。

これも経験と思い、とりあえずいつもの場所から入渓することにしました。

釣り始めからチビアマゴばかり

入渓時刻は8時過ぎ。
前回入渓したかった場所に先行者がおられたので、少し早めのスタートです。

仕掛けとエサは前回とほぼ同じものを用意しました。↓

  • ロッド・・・宇崎日清・3Way渓蘭3.4-4.5m
  • 天上糸・・・1.2号3本ヨリ(オレンジ)1・6m
  • ライン・・・0.25号通し、1.7m~2.9m
  • 目印・・・糸タイプ目印
  • オモリ・・・ジンタン2号メイン(状況によって使い分け)
  • 針・・・忍ヤマメ6号
  • エサ・・・キジ

こういう渇水に近い状況の時は川虫が良いはずですが、この時期は川虫の数が減り採集が大変という事もあり、キジのみで行きます。

釣り開始直後、チャラ瀬と化した幾つかのポイントを流していくと・・・あちこちでほんの小さなアタリが連発。

白泡が立っている落ち込みを攻めてみても、良型と思われるアタリは全く出ません。

念のため、チビアマゴと判りながらも軽くアワセを入れてみると、釣れるのはやはり12㎝程度のチビアマゴばかり。

今回は流石に先行者はいませんでしたが、それでもここ最近ずっと釣り人が入っているのか、あちこちに足跡や痕跡が見られます。

狙いの大場所でも何故かアタリが出ない状況が続き、しびれを切らして小さなアタリでアワセを入れるも・・・

これで6匹目。

やはりチビサイズ。
ちなみに、↑写真の個体は10㎝くらいでした・・・。

時折、流れの強い落ち込み(普段よく釣れる)があり、慎重に狙ってみるも、良型のアタリはありません。

実にいい雰囲気。

これは厳しいなぁと思いつつ、この先のポイントにてようやく大きめのアタリが!!

が、これは残念ながら空振り。
それでも、まだ他のアマゴがいるはずと思って底近くを流すと、目印が綺麗に止まりました!

ようやくきちんとした手応えで釣れたのは、

17㎝ほどの綺麗なアマゴでした。
いつも釣れるサイズより少し小さい気がします・・・・。

そしてこの次のポイントではアマゴが溜まっていたのか、流すたびにアタリが出ます!

しかし、大半が小さなアマゴのものばかりで、アワセの判断が非常に難しい状態。

ようやくアワセが決まったものの、

14㎝あるかないかくらいの小さめアマゴでした・・・。

この後同じ場所で、一度良いサイズ(20cmくらい)が掛かったのですが、残念ながらバラしてしまってこのポイントは終了。

そして、前々回良型がヒットしたエリアに到達したものの、なんとアタリゼロ!!
大変厳しい状況です。

スポンサーリンク

再入渓後も結果は同じだった

一度脱渓し、少しだけ車を走らせ、前回終了した場所の少し上流から入り直し。

再度仕掛けを怪しい場所へ流していきますが、本来アタるはずの場所で、全くアタリがありません。

時刻も昼前後になっていたため、流石にこの辺りは朝のうちに先行者が釣り切ってしまったのかもしれません。

かといって、この日釣りができる時間は息子の病院の都合で14時までだったという事もあり、場所移動という選択肢は無し。

そのままひたすら足でポイントを調べていく方法を取りますが・・・

釣れるアマゴはチビばかり!!

結局、14時少し前に仕掛けがグチャグチャになったため、心折れて納竿となりました。

この日の纏め

結果はチビアマゴが12匹、17㎝と14㎝程のアマゴが2匹。

数だけ見ると14匹ですが、その実態はキープサイズゼロ、マトモなサイズのアマゴは1匹だけという貧果に・・・。

勿論1シーズン長く釣りをしていればこういう日もありますが、やはりアマゴは雨が降って川がリセットされないと、本当に難しい魚だと思い知らされました。

さて、次回釣行をどうするかというのが非常に悩ましい所です。

もし週末に雨が降るなら、リセットされるであろうことを考えて再度渓流釣りもアリですが、このところ豊岡や丹波の方で、クマの目撃情報が急激に増えてきました。

幸い宍粟市ではほぼ目撃情報はありませんが、単に目撃されていないだけか、情報が表に出てきていないだけで、現在は熊の最盛期

いつ熊と鉢合わせしてもおかしくありません。

また、この日の帰りもアマゴ釣り師を数名目撃しているので、雨が降った後でも釣れるという保証は当然無し。

じゃあ海に行くかと言われると、あちこち人が多くいるようなので、ちょっと及び腰になってしまいます。

とりあえず渓流釣りの仕掛けだけ用意しておき、天候と状況によって、次の釣りを決めたいと思います・・・!

前々回はよく釣れました↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました