2020年兵庫のトンボシーズン開幕!4月の纏め

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Angler Ogiです。

2020年のトンボシーズンは4月頭に開幕していましたが、まとまった時間を取って観察に行けていなかったため、記事にしていませんでした。

大分写真が溜まってきたので、纏めてアップしていこうと思います!

Ogi
Ogi

この期間は息子を(人がいない屋外で)遊ばせる事がメインだったため、ほぼスマホ撮影の捕獲写真となります。(撮影後に全てリリース)

スポンサーリンク

4月末、普通種最盛期

4月28日、トンボを見たいという息子の希望で、昨年カトリヤンマやナツアカネを多数確認した市内の定点へ。

この場所は池・湿地・田圃くらいしかないため、(当たり前ですが)全く人がいません。

湿地周辺や池周辺では、まだ若いタベサナエがあちこちにいました。

普段なら完全に成熟した個体が産卵している時期ですが、今年は凡その予想通り、出現が遅れていたようです。

続いて登場したのはホソミイトトンボ。

池の周囲をうろうろしていると、多数のペアが水域で活動していました。

小規模湿地の横には、ホソミオツネントンボの姿も。

残念ながら産卵は確認できませんでしたが、雄が数頭静止していました。

こちらはシオカラトンボの雌。
この個体以外にも2頭確認しました。

毎年GW辺りから出現し始めるイメージなので、少しだけ早いように感じます。

だだっ広い場所を走り回れたため息子は満足だったようですが、大きいトンボを見たかったようで、普通種にはあまり興味を示さず。(苦笑)

そこでこの後クロギンの定点に寄ってみたのですが、シオヤトンボが数頭飛んでいただけで、目的のクロギンは姿を見せてくれません。

今年はシオヤトンボも数が少なめ。

そこで試しに池に網を突っ込んでみたら、羽化直前のクロギンヤゴを捕獲!

嫁さんも息子も羽化を見てみたい!というので、自宅に連れて帰ることにしました。

自宅でクロスジギンヤンマ雌の羽化観察

皆で「羽化はまだか」とワクワクしながらその時を待っていましたが、

裂開。慌てたのでブレてしまった。

4月30日、息子が寝静まった23時16分に、クロギン雌はひっそりと羽化を開始!
(背景に移っている車は息子のオモチャです(苦笑))

23:35、完全に静止。
23:52、起き上がり。またブレてしまった・・・。
23:53、翅を伸ばす状態に。

嫁さんは初めて見るトンボの羽化に興味津々。

この段階で0:11。
0:51、ほぼトンボの姿に。

この状態まで見届けた後、1時前にネットを掛けて、私と嫁さんも就寝。

朝起きると、

ネットから脱走したクロギンは玄関の壁に静止していました。

息子は「朝起きたらヤゴがトンボに変わっていた」という事で興味津々。
夜中に一度起きたもののすぐに寝てしまったため、羽化が見れなかったことを残念がっていました。(苦笑)

そしてこの後、元の場所に車で逃がしに行く最中、またしてもネットから脱走!

目的地まであと数分のタイミングで、車の窓からも脱出して、元気に逃げていきました。(苦笑)

そのまま帰るのもアレなので、クロギンを逃がす予定だった場所をうろうろしてみると、

シオヤトンボがあちこちで活動していた他、

近くの細流では、未成熟なアサヒナカワトンボ(透明翅)を多数確認し、帰路につきました。

スポンサーリンク

今年のトンボは出現が遅め?

2019~2020年の冬は記録的暖冬で、その後4月に入っても中々気温が上がらなかったせいもあり、各トンボの出現は少し遅れているような印象でした。

ただ、定点のシオカラトンボやアサヒナ・ニホンカワ辺りはいつもより少し早めな印象なので、一概に「今年はトンボが遅れている・少ない」とは言えないかもしれません。

5月も短時間ではあるものの、ちょこちょこ観察に出かけていますので、順次更新していきます!

5月半ばの捜索はこちら↓

シーズンインしたサラサヤンマ考察記事です↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました