宇崎日清の渓流竿・3WAY渓蘭を通販で購入!

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、揖保川の解禁日が待ちきれない渓流釣りファンのAngler Ogiです。

2021年の渓流釣り解禁に向けて準備をしていく中で、マイニューロッドとして宇崎日清社の渓流竿である3WAY 渓蘭通販で購入してみました。

普段は釣具屋さんで直接竿を見て、持って、確認してから購入するため、通販を利用して竿を購入するのは今回が初。

詳しく書いていきます。

今回の記事はこんな内容です↓

  • 渓流シーズン解禁直前に、良い渓流竿を探しておられる方へ、宇崎日清の竿をご紹介!
  • 竿を通販で購入するのは不安!そんなアナタへ!

通販で竿を買うことにした経緯

2020年の年末、新しい渓流竿を購入するため、各メーカーのサイトをあちこち訪問。

その中で、前々から気になっていた宇崎日清社のラインナップが私のニーズ(後述)と一致した竿を多く取り揃えている事が判明!

しかし、私の地元姫路市はそれほど渓流釣りが盛んではないため、どの釣具屋さんでも渓流竿はあまり取り揃えていません。

あるとしても、

  • 中国・韓国他海外製の安い延べ竿(2000円~5000円程度)
  • ダイワ・シマノ社の1~2万円程度の物が3~4本
  • がまかつ社の超高級クラス(もしくはアユ竿)(2万~)

大体どこの釣具屋さんでもこんな感じです。

宇崎日清社は兵庫県に本社がある国産の竿を取り扱っているメーカーなのですが、やはりダイワ社やシマノ社といった超大手に比べると、シェアは大きくありません。

当然のように釣具屋さんでは宇崎日清社の渓流竿は入手できないので、ものは試しと通販で竿を注文してみることにしたのです。

通販で注文した竿はどのように届くのか?

年末に通販サイトでポチったのですが、店に在庫が無く取り寄せるとの連絡をもらい、注文から10日程度で手もとに届きました。

輸送中に折れたり傷が付いたりしないか、という心配がある釣り竿ですが・・・

今回はこのような形状の箱に入って届きました。

横から見ると、

四角い箱ではなく、三角形になっています。
確かにこの形状なら、四角いケースに入った竿にダメージが入りにくいですよね!

ガムテープ(布タイプ)はかなり厳重に巻いてくれていたので、カッターで封を切ってみると・・・

中のロッドは、プチプチ君(気泡緩衝材)でしっかり梱包されていました!
早速取り出してみます。

お店に置かれているハードタイプのプラスチックケースを、プチプチ君でグルグル巻きに。

さらに三角形の箱に入れられているということで、輸送中のトラブルも無さそうです。
プチプチ君を外して、

取り出したのはこちら、宇崎日清社の3WAY 渓蘭という竿です。
外箱は小さな凹みすらなく、非常に綺麗な状態でした!

宇崎日新・3WAY渓蘭とご対面

早速外箱から取り出してみると、ナイロン製の竿袋と共に、

ピカピカの竿が登場!
伸ばしてざっと確認してみましたが、小さなキズ一つありませんでした。

これならむしろ、釣具屋さんで多くの人が触って確認している竿よりもローリスクかもしれません。

通販サイトで見ていた色合いよりも、落ち着いた色合いです。

3WAY 渓蘭は4.5mの延べ竿ですが、「3WAY」の名前の通り、三段階の長さ調整が可能となっています。

しかも多くのメーカーの渓流竿が40㎝・50㎝調整の中、この竿は3.4m-4m-4.5mと一風変わった3WAYサイズに調整が可能。

前までメインロッドとして使用していたDaiwa社の清瀬43Mも軽くて使いやすかったのですが、こちらは3.8m-4.3mの2WAYタイプ。

50㎝しか伸び縮みさせられなかったのが悩みだったものの、3WAY 渓蘭なら3.4mの短竿状態から4.5mまで対応できるので、より多くの攻めパターンを考えることが出来そうです。

また、これだけの長さに対応できる竿でありながら、竿本体の重量は僅か85グラム

清瀬が83グラムだったため、マイナス40㎝~プラス20㎝分の竿の長さを僅かプラス2グラム程度でカバー出来ているのは驚きです。

長さ調整をする部分は比較的しっかりと滑り止めが付いており、屋外で振ってみても(竿の重さも含めて)ほとんど気になりませんでした。

穂先は回転トップタイプを採用しているため、糸絡みのトラブルは軽減されると思われます。

この竿を入手した事でDaiwa社の清瀬43Mはサブロッドにし、3WAY 渓蘭を2021年シーズンのメインロッドして使用していこうと思います!

Angler Ogi
Angler Ogi

ロッドレビューは解禁日初日の釣行を終えた後に記事にします!

3WAY渓蘭はどのような釣りスタイルに合うのか?

私は昨年まで揖保川の支流メインで渓流釣りをしてきましたが(主に三方川方面の渓流・源流部)、その中で竿に求めた条件は以下の5つ。

  1. メインの長さが4・5m程度で、最短で3.3~3.6m程度まで縮む
  2. 仕舞寸法60cm以下、軽さは90グラム程度
  3. 回転トップ採用タイプ
  4. 胴が強い先調子(硬調)タイプ
  5. 出来れば国内生産で2万円以下

1つ目は、竿の長さ。

揖保川(三方方面)の支流はどこも川幅が狭く頭上に木が生い茂っているため、4m程度の竿が持ち回りしやすく感じています。

ただ、開けた所では4.5m程度の長さが欲しくなりますし、極端に狭い所では3.8mでも長く感じていたので、3WAY 渓蘭の3.4m~4.5mという長さは、正に痒い所に手が届く竿だったのです。

2つ目は竿の仕舞寸法と軽さ。

この長さ帯の渓流竿であれば、大体は60cm以下の仕舞寸法をクリアしていたので、大事なのは軽さでした。

4.5mを超える竿は多くが4.5m~5.3mの3WAYとなっており、そうなると重量は120グラム超え。
また、4m~4.5mの2WAYの竿でも、100グラム程度が定番。

そんな中、3WAY 渓蘭驚異の85グラムで3.4mの長さまで対応していたので、理想的な重さ!!

アップダウンが激しい支流を遡行しつつ、集中力を切らさずに攻めていくには、この「持ち重りしない重さ」というのは非常に重要だと考えます。

3つ目は穂先が回転トップを採用しているかどうか。

昨年のメインロッドだったDaiwa社の清瀬43Mは固定トップだったため、天井糸と道糸の間にカラミ止めをセットしたりして対応していました。

それでも谷あいの川を攻めていると、やはり谷を抜けていく風が時折強く吹きつけ、穂先が絡んでしまう事もしばしば。

また、頭上に木がせり出てきている場所でアワセミスをしてしまい、穂先に絡んでしまう・・・というトラブルとオサラバするためにも、回転トップが必要だったのです。

4つ目が竿の調子。

川幅が狭く浅いポイントが多い源流部でテンポよく釣っていく為には、小さなアタリを即捉えて素早くフッキングさせ、アマゴを周囲のブッシュに絡ませないよう、手際よく寄せてくる必要があります。

さらに、先調子タイプだと底流れを捉えているオモリの感触が手もとに伝わってきやすいため、明らかに(多くのアマゴが潜む)底近くを流しやすく感じます。

ここは元の愛竿である清瀬と同じ硬調タイプが理想だったので、今回も硬調を選びました。

5つ目が竿の価格。

これだけ色々と条件を付けると、竿の価格は軽く2万円を超え、がまかつ社の渓流竿なんかだと3~4万円程度の竿が検索に引っかかるように・・・。(苦笑)

そんな中、宇崎日清社はネームバリューの関係なのか、国内産なのにどれもリーズナブル!!
今回購入した3WAY 渓蘭は、希望小売価格で16000円という破格の値段でした。

さらに通販サイトをあちこち回ってみると、なんと11000円~13000円程度で販売されていたのです。

ここまで決まれば、後はどの長さ帯を購入するのか決めるだけ。

本流狙いの為に6m越えの竿か、非常に狭い支流の為に3m~4mの短いタイプか・・・。
等と考えた上で、2021年も昨年までと同じような支流を攻める為に、今回は3WAY 渓蘭の3.4m-4.5mで決定としました。

まとめ

様々な攻め方がある渓流釣りにおいて、竿選びというのはとんでもなく重要な項目となります。

そんな中、宇崎日清社は渓流竿のラインナップが本当にハンパではなく、リーズナブルな価格帯でありながら「こんな竿が欲しい!」という声に、バッチリ対応しています。

近くの釣具屋さんで取り扱っていなくても、今はボタン一つで自宅までピカピカの新品を届けてくれる時代。

欲しい竿が釣具屋さんに無くて困っておられる方は、是非一度通販サイトにて、ロッドを購入してみてくださいね!

そして渓流竿を探しておられる方は、是非一度宇崎日清の渓流竿を検討してみてはいかがでしょうか。

きっと「これぞ!!」という1本が見つかるはずです!!

2021年揖保川解禁しました!早速使ってます↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました