話し方レッスンを姫路でお探しなら、なるせ音楽教室へ。

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、Angler Ogiです。

なるせ音楽教室のご紹介、5回目となる今回は、話し方コースのご紹介です。

「そもそも話し方コースって何?」「どんな事をレッスンで見てもらえるの?」といった質問が多いこのコースですが、ピーク時は私の行うレッスンの約1/4を占めていたのがこちらの話し方コースでした。

具体的にどんな内容なのか。そして、どのような効果が見込めるのか。詳しく見ていきましょう。

私が話し方レッスンを行うことになったきっかけ

私がこのレッスンを始めたきっかけは、当時勤めていたシアーミュージックのマネージャーとのミーティングでした。

老若男女問わないマンツーマンレッスンやグループレッスンだけでなく、外部での演奏活動(交渉事含む)、楽曲制作や譜面制作の仕事の他、大阪音大の管理事務部門職員として4年間務めたこともある私。

生徒様の年代は、小学生~60代後半の方までおられ、職種も、学生からサラリーマン、医師、管理職、社長様、自衛官(当時)、自営業の方まで、本当に様々でした。

元々ボーカルレッスンをやっていて、声が大きく通るタイプでもあるため、現場で培ったトークスキルと併せて、「レッスンとして皆様にお伝えできることである」とマネージャーに勧めて頂いたのです。

元々子供時代の私はかつ舌が悪く(特にサ行)、学生時代放送部の部長だった母に教えてもらいながら必死でかつ舌改善に取り組んだという経験も、レッスンとして活きることとなったのです。

そして、学生時代はかなり過度のいじめにあった経験から、学生の頃の私はとてつもない人見知りでした

というか、10代の終わりにメンタルを壊してしまった際には、人と話すことに恐怖しか感じなかった時期もあります。

それでも、浪人して予備校で出会った恩師や、大学で出会った師匠、そして家族の助けなどもあり、無事講師として仕事をする事が出来るようになったのです。

レッスン内容はどんな感じ?

私の人生における経験全てが詰め込まれることとなった、この話し方レッスン。

ここまでの内容である程度お気づきの方もおられるかもしれませんが、どのような内容になるかを纏めてみますと・・・。

  1. かつ舌の改善
  2. (結婚式など)スピーチのトレーニング(内容作り含む)
  3. (会議、電話など)緊張状態で話すことに対するトレーニング
  4. 人と話すことに対する恐怖心を取り除くためのトレーニング
  5. 「会話」が苦手な方に対する、「会話」を上手く続ける方法
  6. 相手から話を引き出す話し方
  7. 会議等で説得力を増す話し方
  8. (就職活動、受験等の)面接対策

このような事柄が、主だった内容になります。

5番~7番のような純粋なトーク力を磨くトレーニングから、私の実体験/経験に基づいた、人と話すための恐怖心の克服トレーニング(人見知り改善)、メンタル論等も、私は得意としています。

レッスンを受講される生徒様には様々な悩みがあるかと思いますが、

  • 緊張状態になると何も喋れなくなる
  • 日頃から活舌が悪く聞き取りにくいと周りに言われる
  • 会議で話すのが苦手

こういった方が非常に多くおられます。これらの内容はちゃんと原因があり、トレーニングをすることによって、確実に改善していくのです。また、

今就活中で、面接対策はどんな事をしたらいいのか?

といった学生の方や、転職中の方もよく来られます。

実はこちらも、ちゃんとしたトレーニング方法があるのです。

実際にレッスンを受講された生徒様から、大手信用金庫や市役所に合格したり、某私立大学の試験に合格したり等といった報告を受けることも多いです。

体験レッスン~通常レッスンの内容

まず、どのような症状で悩んでおられるかという事を、体験時に皆様から伺います。

様々な原因から人と話すことが苦手になってしまった方には、その内容に沿ったものを行います。

内容により多岐にわたりますが、こちらは対面を非常に大事にしたいため、実際にレッスンに来られた方に合わせて、お話を進めていく形です。

かつ舌で悩まれている方の場合は、まず五十音発声をしていただき、どの子音が苦手なのかを探っていきます。

基本的には発声・フリートーク2分である程度傾向が判りますので、苦手なところが判ったところで、子音ごとの発声ポイントをお伝えし、トレーニングしていきます。

ハ、ア行=腹式呼吸が特に大事で、カ行=実は舌の後ろの方を使っている、サ行=舌の形と当てる場所、マ行=唇の力を抜く等、子音ごとのポイントを細かく見ていきます。口の開け方から舌の脱力、姿勢づくりなども大事になります。

面接対策の場合

面接対策でお越しの方には、模擬面接を行ったり、「この質問によって、試験官は何を聞きたいのか」といった事にフォーカスしてトレーニングしていきます。

さまざまな職種に対する面接対策がありますが、

  • 面接官がききたいもの
  • 職種ごとに聞きたいもの
  • その人のパーソナリティ

この3つを柱として、答え方や考え方等をお伝えしていきます。

勿論、これらはあくまで例ですので、ケースによっては、全く違うレッスンになることもあります。

話し方コースというのは、対面=その人に合わせたトレーニング方法というのがとにかく大事なのです。

ギターやボーカルレッスン以上にマニュアルの無いレッスンになりますので、一度体験レッスンにお越しいただき、悩み事を相談していただけたらと思います。

電話や対面でのお話が苦手という場合の体験レッスンのお申込みは、お問い合わせフォームからのメールのみで大丈夫です。また、レッスンにお越し頂く際も、担当講師である私以外と出来る限りお話をしなくても大丈夫なように手配させていただきます。

レッスンペースはどれくらい?

話し方のレッスンペースは、人によって様々です。ベーシックな形としましては、

  1. 45分レッスンを月に2回(2週に1回目安)
  2. 45分レッスンを月に4回(週1回目安)
  3. 90分レッスンを月に2回 (2週に1回目安)

この3つのパターンが主軸になると思うのですが、話すのが苦手で、それを克服しに来られているという方は、1番をオススメします。

苦手克服というのは、やはり精神にある程度負荷がかかります。

そのため、まずは月に2回程度45分だけ講師と話す、といった事を日常化して頂き、慣れてきたらその都度ご相談させていただき、ペースを変えていただくのがいいかと思います。

もし面接対策(急ぎ)の場合や、ちょっと先の会議の為に、という事でしたら、短期間で詰めるのもありかと思います。

実際にあった例では、90分レッスンを週に4回×2カ月で、見事面接をクリアしたという方もおられました。

ちなみにその方はその後ボーカルコースに転向、45分レッスンを週1回というペースに減らし、半年ほど通われていました。

ケースによってレッスンの頻度は大きく変わってくるため、こちらも体験レッスン時にご相談ください。お一人お一人に合わせた、様々な形を提案させていただきます。

話し方コースに通うとどうなるの?

面接対策で来られた方は、面接に対する恐怖心や不安感が無くなり、堂々と受けることが出来たと聞かせてくださいます。中には、

面接官より、模擬面接のときの先生の方が遥かに怖かった(圧迫感があった)から、全然平気!(笑)余裕でした!

という声もありました。(苦笑)かつ舌やイントネーションを改善された方からは、

おかげさまで、月に1度の会議が楽しみになりました!部下の方からも、明るくなったと言われ、話が聞き取りやすくなったと言われます!

といった嬉しいお声も。憂鬱だったものが楽しみに変わる、という事を経験された皆様は、表情が一気に明るくなり、コミュニケーション能力も同時に上がっておられるように感じます。

かつ舌を改善すると声が通りやすくなり、また、「話し方」そのものを学んでいただくことで魅力ある話が出来るようになり、コミュニケーションが円滑になる為だと思われます。

なんといっても、私自身が極度の人見知りだったのが、面と向かって人と関わる仕事である講師業を行えているのも、真面目に「話し方」というものを勉強したからだという自負があります。

そのメソッドを、レッスンを通じて皆様にお伝えできればと思っています。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

話し方レッスンというのは、レッスン内容からレッスンペースに至るまで、本当に千差万別です。

「どの教室に行ったらいいかわからない」
「本当に効果があるの?」
「レッスンではどんな事をどのように教えてもらえるの?人見知りでも大丈夫?」

といった内容で悩んでおられる方は、是非一度なるせ音楽教室にお越しいただければと思います。

まだまだメジャーではない話し方レッスンですが、姫路市で話し方レッスンを受けたいな人見知りを改善したいなと思っておられる方のお役に立てれば幸いです。

なるせ音楽教室のモットーは、「音楽の輪を広げること」。

そして音楽のみならず、「人の輪を広げること」も目標としています。

講師一人一人が、生徒様と仲良くなり、様々な面からサポート出来るよう努めておりますので、是非一度、体験レッスンにお越しくださいね。一緒に色々とお話をしましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。教室でお待ちしております!(^^)

コメント